分譲実績一覧
  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

現物として残る投資をしたい。

貯金はされていましたが、銀行に預けてても増えることは無いので30歳とまだお若い方でしたが、老後の資金の心配があるため投資をしたいとお考えでした。そして堅実なお考えの方でしたので「現物資産」を残したいと思われ、不動産投資をご検討されました。

コンサルタント
相田 健一郎

ご相談内容

価格の安い中古物件の購入を検討されていましたが、N様のお考えは「老後の収入源の確保」でしたので、耐久年数の長い新築のご紹介をし、中古と新築の比較をしていただきました。

お客様情報

30代男性、奥様

職業 会社員
年収 約630万円
預金等 約400万円

【購入のきっかけ・目的】

将来の対策とプラスαの収入源をつくりた

成功事例

成約物件 1件
東京23区内 新築区分マンション

早くにローンを完済してプラスαの収入を増やしたい

N様は静岡県で働いていらっしゃり
ご勤続されて長く安定した職業につかれていて、預貯金もある状況です。


ですがこのまま現金を銀行の口座に入れておいても増えるわけでもないし
インフレなどによる貨幣価値の目減りが起きてしまえば
預貯金が数年後に同じ価値ではなくなってしまうリスクがあり
現金や他の投資ではなく現物として残るものに変えておきたいとのことでした。


そして一番は老後の大切な収入源の確保の為
早いうちからローンを完済し、将来の対策とプラスαの収入になればという理由から弊社のセミナーにお申し込みを頂きました。


当初は中古物件で2000万円以下の物件を考えていました。


しかし長期的な目線で見たときの中古と新築の将来性や安定収入というところでの確実な入居付き
家賃収入の面で最終的に新築に魅力を感じていただきました。


最終的に弊社のデザイナーズマンションにてN様限定の特別プランのご提案をさせて頂き
物件の将来性、弊社のグループ力の堅実さに魅力を感じて頂き
都内のマンション投資をお取組みになられることとなりました。

お考えにあったプランをご提案

より堅実な運用をする為には、どのような運用方法がいいのか?


まずはどのようなリスクがあるか。

またどのようにそのリスクを回避するかを事前に知っておくことは必ず必要です。


不動産投資のお話を初めて聞かれるN様でしたが、弊社でのプライベートセミナーをお聞きになり
不動産投資を始めた場合のシミュレーションを作成させていただきました。

さらに保険効果に強い金融機関でのご紹介などさまざまご提案させて頂き
N様に一番あったプランを決めて、マンション経営をスタートさせました。

30歳というご年齢でしたので、35年間のローンを組むことができ
お仕事をしながら、家賃収入(他人資本)でローン返済をして
着実に資産を作っていくことができ、老後の資金の対策ができて安心ししました、とおっしゃっていました。




>> 成功事例一覧に戻る

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30