不動産投資Q&A

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

不動産投資に関する疑問に、プロが回答いたします。

その他

中古物件の購入を検討していますが、注意すべき点はありますか?

中古物件の購入を検討していますが、注意すべき点はありますか?

不動産の売買取引において大切なものに、「売り主の瑕疵(かし)担保責任」があります。
「瑕疵」とは、欠陥のことです。

「売買契約時に売主、買主ともに気付いていない、欠陥(隠れた瑕疵)については、売主側が一定期間責任を持ちなさい」というのが「瑕疵担保責任」です。


この売主が責任を負う期間は、売主が個人の場合は2カ月〜3カ月というのが一般的です。
また、責任自体を負わないということも、個人の場合は法律上でも許されています。
しかし、売主が不動産業者の場合は「最低2年間は責任を負う」ことが法律で定められています。
万一の場合の保証はあった方が安心なので、不動産業者を通して購入した方が良いでしょう。


鉄筋コンクリートのマンションを購入した場合は「隠れた瑕疵」のリスクは比較的低いのですが、中古で木造アパートを購入する際は、瑕疵のリスクが高くなります。
特に入居者の居住中に投資用マンションのオーナーが変わる物件の場合は入居者が退去するまで室内の状態は確認できないので、気付いた時には「瑕疵担保責任」の期間が過ぎてしまっているというケースも多いのです。


また、インターネット上には多くの物件情報があり、条件に合わせて検索できるので便利なのですが、投資用としてはリスクの高い物件や、利回りでお客様の目をひいて問い合わせてもらうことだけを目的にした「釣り物件」もあります。

不動産取引には想定外のトラブルがつきものであり、そうしたリスクやトラブルをゼロにすることはできませんが、限りなくゼロに近づけることはできます。
リスク回避に効果的なのは、信頼の置ける会社からリスクの少ない良質な物件を購入すること。

まずは信頼できる不動産販売会社を見つけましょう。

  • 資料請求 ノウハウが詰まった冊子&DVDをお届け
  • 無料セミナー お申し込み
  • 無料相談会 お申し込み
このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30