ファミリータイプ

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

不動産投資の対象として、ファミリーマンションがあります。
市場には、ワンルームに比べて、中古の物件数も豊富で、たくさんの物件からお選びする事が可能です。しかしなぜファミリーマンションは中古の物件数が多いのでしょうか?それには必ず理由があります。
ワンルームに比べてファミリーマンションは、価格が2倍、3倍になってもそれに比例して家賃も2倍、3倍になるわけではなく、投資効率は非常に低くなります。また、目先の収支は良く見えても、管理費や修繕積立金などが、ワンルームに比べて増額率が高く、運用を始めて数年後には、収支が逆転してしまう場合も多いそうです。ではなぜ、そのような事が起こるかというと、ファミリーマンションをご所有されているオーナー様は、ほとんどの方が、ご自宅としてご所有されていらっしゃるので、ご自身の住環境を良くしようと無駄な設備投資を行い、それによって管理費や修繕積立金が増額になります。これは、不動産投資では見えないランニングコストと呼ばれており、非常に大きなリスクとなります。更に、見えないランニングコストには、入居者の入退去によるリフォーム費用もあり、ワンルームに比べてファミリーマンションはお部屋が大きい分、もちろんリフォーム費用もかさみます。
また、リフォームの工事期間もワンルームに比べて日数がかかるため、新たな入居募集を開始するのも遅くなり、その間の空室リスクもあります。入居募集に関しても、ワンルームの場合は入居者は一人で決めれる為、立地や物件を気に入れば、すぐにでも申し込みが入る場合もございますが、ファミリーマンションについては入居者の勤務先やご子息の方の学校など、家族の意見が分かれてしまい、入居募集も長期化する場合が多くあります。そして、ファミリーマンションの場合は、高額な家賃を支払うため、最終的には購入とご比較される場合も多いようです。
このように、不動産投資の対象として、ファミリーマンションをご検討されていらっしゃる方は、「大きな見えないリスク」が潜んでおりますので、慎重にご検討ください。
不動産業者の営業マンが、「最悪の場合は、ご自身でお住まいになれますよ」とよく言われるそうですが、最悪の場合が起きてしまった不動産投資は成功なのでしょうか?不動産投資を目的として購入したファミリーマンションに購入時とは、皆様の環境にも結婚・出産・進学などのさまざまな変化があると思いますが、古くなった物件に、お住まいになるのでしょうか?不動産投資とは、お住まいになるのが目的ではないはずです。自宅は自宅。投資は投資として、物件をお選びいただくことをオススメいたします。

シノケンハーモニーを選ぶ7つの理由
このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30