不動産投資物件おすすめエリア「埼玉」

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込
彩の国と呼ばれるように都会と田舎の二面性を合わせ持つ街

中央部・西部・東部の南側の地域は首都である東京に近く、近代以降の大都市圏の拡大に伴い、1970年代を中心に急激な人口流入と都市化をみてきました。県内は首都高速・東京外環道・関越・東北・常磐・圏央道などの高速道路や自動車道が多く集まり、高速道路が比較的整備されています。県全体の人口は全国で5位。県庁は浦和市にあり、経済規模では埼玉県で最大の乗客数を誇る大宮駅を擁する大宮市が優位で、市制施行は川越市が最も早かったのです。一方、2001年に大宮市・浦和市・与野市の合併で100万都市である「さいたま市」が成立し、政治・経済共に中心と呼べる自治体区域が誕生しました。国などの関東地方出先機関が集まるさいたま新都心も造成されたことで、東京のベッドタウンから関東地方において独自の重要性を持つ地域になりつつあります。

さいたま市エリア

周辺は都市機能が集中する中心エリアで、便利な交通や暮らしが享受できる好立地にあります。
2001年5月1日、浦和、大宮、与野の3市の合併により成立した埼玉県の県庁所在地。政令指定都市及び業務核都市に指定されています。2005年4月1日には岩槻市を編入し、岩槻区が誕生して10区体制となりました。
日本で9番目に多くの人口を抱える市であり、新幹線をはじめ周辺各地の鉄道路線が集結する交通の要衝でもあります。
さいたま市は、首都である東京から最も近い県庁所在都市なのです。

越谷エリア

市街地の中心は新越谷駅・南越谷駅周辺と越谷駅周辺とに分散しています。近年、商業の中心は東武伊勢崎線、武蔵野線の乗換駅である新越谷駅・南越谷駅周辺に移行しつつありますが、2008年に越谷レイクタウン駅とその駅前に日本最大のショッピングセンターであるイオンレイクタウンが開業したため、商業の中心がさらに移行する可能性が大きくなっています。
一方では、市役所と公民館が駅近くで隣接している越谷駅周辺は行政の中心地となっています。

では、この埼玉県は不動産投資には最適なエリアなのでしょうか?
需要・供給・価格・賃料・投資効率など
さまざまなデータをご用意しておりますので
このエリアの未公開物件情報をご希望の方は
下記のお問い合わせフォームより備考欄に埼玉エリア希望とご記入の上、お問い合わせください。

埼玉県の投資用非公開物件のお問い合わせはこちら
このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30