初心者へのハードルは高めな戸建て住宅やマンション一棟への投資。

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

初心者へのハードルは高めな戸建て住宅やマンション一棟への投資。

マンションの1室やアパート一棟のほかに、ファミリー向けの戸建て住宅を購入して賃貸したり、マンション一棟を丸ごと買って賃料を得るという不動産投資もあります。ただし、これらはもともと土地を所有している方や潤沢な資産のある方、様々な不動産投資を経験して十分な知識がある方などでなければ、難しい面もあります。まず、それぞれの利点・欠点を理解した上で、取り組みましょう。

比較的リスクが多い割に、収益性はあまり望めない戸建て。

戸建ての住宅でも、比較的少額での投資ができる物件はあります。ただし、戸建ての場合はほとんどが木造住宅になるため、鉄骨造のマンションなどと比べると建物の老朽化が進みやすいというデメリットがあります。特に中古や安価な物件は、建物の構造や経年劣化の度合いをよく確認しておかなければなりません。また、古い戸建て住宅は違法建築や急建築基準に基づいて建てられたものも多いため、建物が老朽化しても建て直しが難しいケースがあります。ファミリー層が対象となるため、家賃の価格帯次第では長期入居の可能性がありますが、一戸あたりの建築コストが高いため、収益性は比較的低くなります。

もともと潤沢な資産がなければ、購入も管理・運営も難しい。

マンション一棟を購入する場合は、部屋数が多いので空室リスクを分散できます。管理・運営も一括して行えるので、知らない間に変な入居者が入っているということもありません。しかし購入金額が大きいので初期投資も高額となり、なかなか初心者には手を出せません。さらに修繕費も一棟全体にかかってくるので、非常に高額になります。また、物件を手放したいと思っても、販売価格が高額で購入層も少ないため、買い手が見つかるまで時間がかかってしまいます。マンション一棟は、すでにまとまった資産のある方や不動産投資に慣れている方でなければ、難しいでしょう。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30