『失敗例を知り・失敗しない方法を学ぶ事』が成功へと繋がります。不動産投資がよく分かる 資料請求はこちら

失敗しない不動産投資セミナー
不動産投資相談会

『失敗例を知り・失敗しない方法を学ぶ事』が成功へと繋がります。

不動産投資の成功マニュアルをよく目にします。しかし、誰もが同じ結果を期待できるとは限りません。そしてなぜ『失敗する人』が存在するのでしょうか?【完成された成功マニュアル】など、どこにも存在しないのです。成功例を知るのではなく、失敗例を学ぶことによって、結果として「失敗をしない⇒成功」へと繋がります。

失敗しない不動産投資

長引く不況、不安定な政治経済、上がる一方の税金。このままでは自分たちの老後や子供達の将来のビジョンが見えなくて不安…。貯蓄や資産運用など、何かしなければとは思うものの世の中には様々な情報が流れていて本当に自分に合った資産形成方法がわからない。「たった○○で○億円儲けた」とか「平凡サラリーマンがある日○○で億万長者に」等、宝くじを当てたかのような話を書籍やインターネットで見かけます。誰でもこのようになれるなら既にほとんどの人が飛びついています。実際に大金を手に入れる人は確かにいますが、それ相応の『大きな賭け』や『リスク』を伴った結果、たまたま当たりくじを引く事ができた、ごくごく一握りのケースでしょう。そんな夢のような“タナボタ”話に魅了されて、上記のような成功体験や逆に一攫千金を狙った結果、大損してしまった失敗談ばかりが一人歩きしてしまい二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。 不動産投資の『成功』『失敗』は、その人が求めるものによって往々に変わってきます。
・自分と配偶者が安定した老後を送るために必要な私的年金を得るため。
・自分に万一の事が起こった際に、妻と子供に十分な生活資金を残すため。
・銀行預金するより多額の利息収入を得るため。
資産運用に対する考え方は何を優先するかによって投資する金額も、得られる収益もリスクの大小も異なります。まずは自分が何を求めているのかを明確にすることが重要です。そして、その求めているものを得る為に「成功する方法」を探すのも良いでしょう。しかし誰もが「成功する方法」を見つけることができるのでしょうか?それよりも「失敗しない方法」なら見つけられるのではないでしょうか?「失敗しない方法」こそが不動産投資で「成功する方法」と当社では考えております。過去のさまざまな失敗事例を学ぶことによって、同じことを繰り返さない、失敗しない不動産投資を実現しましょう。

こんな失敗事例がありました

事例1 入居募集の大変さ

私は駅から徒歩5分の好立地の築浅物件を購入しました。実際に業者さんに物件も案内してもらい、築浅だけあって、物件の外観はとても綺麗で営業マンの話でも、今は入居中だから、家賃の空室保証は手数料が高いだけで勿体ないので家賃の集金業務などだけの一般管理を勧められました。その時の私は物件を目の前にして気分も舞い上がっていたので営業マンから言われるがままに空室保証ではなく、一般管理で購入することにしましたが・・・購入してすぐは、順調に家賃も入っていたのですが私が購入時に入居していた人が一旦退去してしまってからは次の入居者もなかなか決まらず、家賃が入ってこない時期が続きました。やっと次の入居者が決まったかと安心したら、すぐに退去・・・一人暮らしの入居者は長くは住まずに、すぐに退去してしまいます。そしてまた空室期間が・・・この繰り返しはとても精神的にまいります。さらに退去時には予想もしていなかった高額なリフォーム代が・・・こんな事なら始めから空室保証にすればと思い、購入した業者に相談しようとしたらその業者はなくなっていました・・・購入する業者選び・空室保証はリスクを回避する上でもっとも大切な事と勉強しました。

事例2 目先の手数料だけを考えてしまい・・・

私はサブリース契約中のワンルームマンションを購入しました。もちろん計画通りに家賃が入金されて、この状態がずっと続けば年金受給と同時にローンが自動的に完済できて家賃収入がそのまま年金がわりになる予定でした。でも購入してから3年ほど経った頃、インターネットの書き込みや本に影響されて欲が出てしまい「一般管理に変更すれば手数料が安くなるから、今よりもさらに収入が増える」と思い、サブリースを勧められた営業マンを振り切って一般管理に変更しました。この考えが甘かったです。入居者が入れ替わるたびに高額なリフォーム代やクリーニング代を支払い、さらに入居者の入れ替わりのたびに2~3か月の空室がでます。今までの私の考えていた計画は崩れていきました。今では目先のことだけを考えて欲を出してしまった自分に後悔しています。

事例3 投資対象の物件

ファミリータイプとワンルームで迷ったあげくに、ファミリータイプのマンションを購入しました。実際に運用をはじめて気づいた事は、ファミリーマンションはワンルームに比べて購入価格が2倍、3倍になるけど、家賃は2倍、3倍にはならないのです。 そうすると利回りはワンルームタイプと比較すると低くなります。 また、部屋の大きさがワンルームタイプと違い広い分、リフォーム代がかさみます。ファミリータイプの場合、高額なリフォーム代に加え、リフォームが完了するまでに時間もかかってしまいます。また、将来家族でマンションを使うといっても、いざその物件が必要になった時には、家族構成やライフスタイルは今とは変わっていて、結局買ったファミリータイプのマンションに住むことはありません。さんざん迷ったあげくにファミリータイプを購入しましたが、あくまでも投資対象として選ぶことが必要だと痛感しています。

その他の失敗事例をみる
 
不動産投資で年収アップしたい方へ 失敗しないノウハウ満載 無料セミナー開催中
頭金0円で失敗しない不動産投資
年間家賃収入400万円&資産1億円をつくる勝利の方程式!
不動産投資無料相談会
  • 資料請求 ノウハウが詰まった冊子&DVDをお届け
  • 無料セミナー お申し込み
  • 無料相談会 お申し込み
このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30