将来の年金不安に備えて。家族にも資産を残せる不動産投資

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

将来の年金不安に備えて。家族にも資産を残せる不動産投資

年金の支給開始年齢はどんどん上がり、支給額はどんどん下がる。いまの現役世代にとって、老後の生活は年金だけで賄えるものではなくなっています。そうした年金不安を解消するために、個人年金保険に加入している方や加入を検討している方も多いでしょう。ここでは、個人年金保険と不動産投資の収益を比較してみます。

利益を出しながら資産を形成し、老後は家賃収入を年金的に受け取れます。

個人年金保険の場合は、60歳や65歳などの受領年齢に達するまでは保険料を払い続けることになりますが、その間に収益は得られません。一方、不動産経営の場合は、ローンの返済が残っていても家賃収入で返済でき、資金計画を入念に立てておけば毎月少しずつでも収益を得られます。さらにローン完済後は、家賃収入の多くが手元に残るので年金のように安定した収入を得られ、自分名義の不動産も所有することができます。

個人年金保険とマンション経営を比較!亡くなっても資産が残る不動産投資。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30