不動産投資Q&A

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

不動産投資に関する疑問に、プロが回答いたします。

不動産投資の失敗とは

立地を考えずに1棟を購入してしまい、多額のローンが重くのしかかってきています。

土地も建物もすべて自分の所有物ということは、すべて自分の責任になるということでした。

【お客様の体験談からご紹介いたします】

土地も建物もすべて自分の所有物になるので、一棟のアパートを購入しました。
駅からは少し離れていましたが、近くに大学もあるし
家賃保証はつけなくても、入居者に困らないと思って、家賃保証代を払うのがもったいないと思ってつけませんでした。

でもそれは、すべての自分の責任になってしまうという事です。

空室ばかりになってしまえば、お金持ちにしてくれるはずの不動産が自分を破滅に導く不動産にもなりかねません。

高額なローンを利用して投資をしたので、ローン返済ができなくなれば物件を没収されたり、最悪の場合破産をすることですべてを失うリスクもあります。

ちょっと郊外にある大学だったので、人気があまりなかったのか
思うように入居者が決まりません。
3月位に決まらないと、大学生はそのあとそんなに引っ越したりしないので
長く空室になってしまう部屋もありました。

初めての不動産投資で大きな一棟アパートを購入してしまい、私の人生は変わってしまいました。

いきなり一棟アパートを取り組むのは、ハイリターンを望める分ハイリスクであるという事を身を持って実感しました。

最初は小さな物件で、しっかりと空室の保証のある物件から不動産投資をスタートして、勉強してから1棟に手を出せばよかったと後悔しています。


不動産投資の≪甘い罠≫被害者急増!?「心配になってきた」というあなたへ・・・

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&WEB限定スペシャルムービープレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 10:00~19:00