不動産投資Q&A

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

不動産投資に関する疑問に、プロが回答いたします。

不動産投資の失敗とは

空室期間が続いて精神的に参ってしまいました

入居中の中古マンションなので空室保証を付けなかったら、その後が大変でした。

【お客様の体験談からご紹介いたします】

私は駅から徒歩5分の好立地の築浅物件を購入しました。

実際に業者さんに物件も案内してもらい、築浅だけあって、物件の外観はとても綺麗でした。

営業マンの話でも、今は入居中だから、空室保証は手数料が高いだけで勿体ないので家賃の集金業務などだけの一般管理を勧められました。

その時の私は物件を目の前にして気分も舞い上がっていたので、営業マンから言われるがままに空室保証ではなく、一般管理で購入することにしました。

購入してすぐは、順調に家賃も入っていたのですが私が購入時に入居していた人が一旦退去してしまってからは次の入居者もなかなか決まらず、家賃が入ってこない時期が続きました。

やっと次の入居者が決まったかと安心したら、すぐに退去。
一人暮らしの入居者は長くは住まずに、すぐに退去してしまいます。

そしてまた空室期間が・・・この繰り返しはとても精神的にまいります。

さらに退去時には予想もしていなかったのは、入居者が出ていくたびにリフォーム代を請求されること!
これがかさんで、結構な高額になっています。

こんな事なら始めから空室保証にすればと思い、購入した業者に相談しようとしたらその業者はなくなっていました・・・。

購入する業者選び・空室保証はリスクを回避する上でもっとも大切な事と勉強しました。



不動産投資の≪甘い罠≫被害者急増!?「心配になってきた」というあなたへ・・・

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&WEB限定スペシャルムービープレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 10:00~19:00