2021.06.23

年金対策は前から試算して、計画的に備えるべき

  人生100年時代   リスクと事例

皆様、こんにちは。

いつもシノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムを
ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

早速ですが、気になる記事がございましたのでご紹介させていただきます。



国民年金基金の引き落とし通知が来ず、納付が終わったことを突然悟った私。

国民年金はどうなっていたっけと、慌ててねんきんネットに登録し、65歳から基金と併せて月々約14万円が支給されるとわかった。

こういうことは60歳直前にあたふたするのでなく、もっと前から試算して、計画的に備えるべきだった。

反省し、これからは計画的に臨もう。

まずは60歳になったら国民年金に任意加入する。

調べると納付できる月数の上限まで、私はまだ49カ月あるらしい。

「60歳あるある」の疑問として、自分はあと何年働けるだろう。

いや、払い続けていけるだけ、いくしか……。


これまでは何かするにしても行き当たりばったりだった。

災害、紛争、今回のコロナのような緊急事態で「○○が足りません!」といった支援の呼びかけをネットで目にしては「それはたいへん!」と「募金する」をクリック。

これからはもう少し落ち着いて、例えば国民年金を払っていくならその1割にあたる額を、定期的に引き落とされるようにするとか。

60歳を機に見直すことはいろいろありそうだ。



2021年6月17日 日経新聞「年金から悟る人生訓 岸本葉子」より




いかがでしたでしょうか?

「60歳あるある」の疑問は歳を重ねるごとに気になる人
考える人は少なからずいるのではないでしょうか?

若いうちから、老後に慌てないためにも、人生設計を早めに考えていきましょう。

弊社では、コロナ禍における有利な資産形成方法や
今後の市場動向などについて惜しみなくご紹介する
オンラインセミナーを開催しております。

ベテランのアドバイザーがわかりやすく丁寧にご説明させていただいております。

この機会に、気兼ねなくご参加くださいませ。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。





無料のオンライン面談、実施中です。

>>>オンライン面談申し込みはこちらから

このページについて

シノケンハーモニーが運営する投資関連情報ページです。

不動産投資にまつわる市況や税制などの情報、投資に関するリスクだけでなく、備えるための知識も同時に発信していきます。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&WEB限定スペシャルムービープレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 10:00~19:00