2020.11.19

不労所得を生み出す!投資用マンションを持つべき理由

  不動産投資の市況   不動産投資のノウハウ   人生100年時代   リスクと事例

皆様、こんにちは。

いつもシノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムをご覧いただきまして
ありがとうございます。

2020年1月31日ZUU onlineで興味深い記事がございましたので
ご紹介させて頂きます。


マンション投資であれば、きちんと物件選定を行い、信頼できる不動産会社に物件管理を任せれば、時間や手間をかけずとも不労所得を得ることができます。

マンション投資のメリットは、手間をかけずとも安定的に収入が得られることです。

リスクを抑えて堅実に資産形成したい人、本業に注力しながら不労所得を得たい人に向いています。

マンション投資で成功すれば、いずれは不労所得で生活することも夢ではありません。

また、年金だけでなく家賃収入があれば、退職後も旅行や趣味に自由にお金を使うことができるでしょう。

また、マンション投資はローンを使って始められることもメリットです。

少ない手元資金から効率的に運用を始められます。

ローンには団体信用生命保険(団信)が付きます。

メリットの多いマンション投資ですが、代表的なリスクは、空室リスク・家賃下落リスク・老朽化リスクです。

しかし、空室リスクと家賃下落リスクについては、都心の物件を選ぶことで低く抑えることができます。

需要の安定している都心の物件であれば、借り手は見つかりやすく、家賃も比較的安定しています。

また、修繕費を計画的に積み立てておけば、老朽化リスクを恐れる必要はありません。

まず、マンション投資の空室リスクを考慮しても、都心のマンションというのは外せない要件です。

全国的な人口減少とは逆をいく形で、東京都の人口は増加しているのです。

統計的に人口が減少している地方のマンションを購入するのは、得策とは言えません。

投資用マンションを選ぶなら、今後も地方からの人口流入が見込める都心のマンションが安心です。

マンション投資には、一棟投資と区分投資があります。

しかし、建物を丸ごと所有する一棟投資はハードルが高く、あまり一般的ではありません。

むしろ、部屋ごとにマンションを所有する区分投資のほうが分散投資効果もあり、初心者向きと言えます。

マンション投資は、継続的に不労所得が得られる優れた投資方法です。

マンション投資は、その性質上、早く始めるほど家賃収入が積み上がり、生涯資産が大きくなります。


2020年1月31日ZUU online





いかがでしたでしょうか。

新型コロナウイルスでの経済不況が生じても安定をしている不動産投資。

その中でも本記事によると、投資用マンションが不動産投資の中でも推奨されております。

今回のコロナショックで副業に興味を持たれた方が多くいらっしゃいます。

しかし、本業にプラスαで始められるため、時間が限られている中で始めることとなります。

そうすると、手間をかけずに、確実に副収入を得られる方法がいいですよね。

投資用マンションは確実な家賃収入だけではなく、節税効果・生命保険効果などがあります。

リスク面も最小限に抑える方法があるため、リスクがほとんど生じないのが投資用不動産になります。

そこで弊社は安定した資産形成として「不動産投資」をご提供させていただいております。

このような状況でも安心の毎月一定の収入をお考えの際はご検討してみてはいかがでしょうか。

不動産投資の基本的な知識から今始めるメリット、安定した収入を得る方法や
弊社が培った30年間の独自のノウハウを、無料セミナーや個別相談で皆様にお伝え致します。

なかなか他のところでは聞けない不動産の疑問やリスクについても
アドバイザーに解決してもらったと多くのお客様からお声を頂いてまいりました。

セミナー、個別相談会共に全国各地で実施しておりますので
是非お気軽にお問い合わせください。

また、新しくオンラインセミナーも開催しております。

皆様のご参加を心からお待ちしてお待ちしております。



無料のオンライン面談、実施中です。

>>>オンライン面談申し込みはこちらから

このページについて

シノケンハーモニーが運営する投資関連情報ページです。

不動産投資にまつわる市況や税制などの情報、投資に関するリスクだけでなく、備えるための知識も同時に発信していきます。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&WEB限定スペシャルムービープレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 10:00~19:00