分譲実績一覧
  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

自己資金がなくてもレバレッジ効果を活用して資産形成

30歳になり、まだ独身でしたが退職後の資産を今から作らないと不安だと思っていたところに、当社のCMをご覧になり、不動産投資というものを知ったそうです。資料を読まれて、自己資金をあまりかけずにレバレッジ効果を活用して、他人資本で資産を確実に作れるところに魅力を感じられ、進捗と中古マンションを1戸ずつご購入されました。

コンサルタント
北上 和幸

ご相談内容

不動産投資というと、地主や金持ちじゃないとできないと思っていられたので、なぜ自己資金をあまりかけなくても不動産投資を始められるのかを疑問に思われていました。その仕組みをご説明させていただきました。

お客様情報

30代男性、独身

職業 会社員
年収 約500万円

【購入のきっかけ・目的】

将来の年金代わりに

成功事例

成約物件 2件
東京23区内 新築区分マンション
東京23区内 中古区分マンション

自己資金が少なくても、他人資本で資産形成ができる

30歳になり、ご自身の将来設計を考えた時に、保険屋さんに先ず話を聞いたが
積み立ててもリターンが少なく、どうすれば良いか考えていた時に
当社のテレビCMをご覧になり、不動産投資を知ったそうです。


はじめは、金持ちや地主の方がしているイメージでしたので
ご自分には、縁のないものだと思っていたそうですがが
融資(フルローン)を低い金利で借りることができますので
自己資金が少なくても、レバレッジ効果を活用できて
他人資本で資産形成できるのは魅力的だと思ったそうです。

空室保証が35年ついていて、且、35年後も更新できるという
会社の基盤が大きいからこそできる手厚い保証サポートが安心できるとおっしゃっていただきました。

また、シノケングループ内でのマンションの施工からマンション管理から清掃、賃貸管理など
すべてグループ内で完結できるところにも安心感があり、これであれば、間違いないだろうと2戸の購入を決められました。

残りの現役時代で毎月いくらの貯金をしなくてはいけないのか・・・

年金があてにならなくなった今
現役時代に月々、いくら貯めなければいけないのか?と、不安になったそうです。 

現在の日本人の平均寿命は約86歳といわれておりますが
医療の進化と共に35年後の未来では平均寿命が100歳といわれております。

長生きがリスクという見方が話題にもなり、今から何かを始めなくては、というのが
不動産投資をお考えになったきっかけだったそうです。

仮に100歳まで生きるとして、60歳で退職をして、老後の生活はなんと40年間もあります。

40年間のセカンドライフで、ゆとりのある生活費は月々、ご夫婦で約40万円、お一人だと20万円となります。

これを独身の方で考えますと20万円×40年間×12か月となり
なんと、9,600万円を現役時代に貯めなくてはなりません。



今回のM様の場合ですと、残り20年間の現役時代のうちに、月々40万円貯金をしなくてはいけないことになります。

不動産投資では本来、自分で蓄えなければいけない資産を他人資本で形成でき
且、ほかの投資商品と比べて自己資金をかけずに形成できる点に魅力を感じて運用を始められました。



当社では、ご参加頂いた皆様から大変好評頂いております『失敗しない不動産投資セミナー』を随時、開催しております。

また、全国各地でも無料相談会を実施しておりますので
是非、お気軽にご相談くださいませ。

>> 成功事例一覧に戻る

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30