分譲実績一覧
  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

公務員でも副業規定違反にならずに複数戸所有できる!

副業規定が厳しい国家公務員の方で、規定違反にならないかをとても気にされていらっしゃいましたが、弊社のシステムでは複数戸所有できるというお話をして、6戸のマンションを所有できました。

コンサルタント
竹下

ご相談内容

老後までに不動産投資をして増やしていきたいが、国家公務員の副業規定に違反しないか、どのくらいならできるのか、というご相談をいただきました。

お客様情報

40代男性、既婚

職業 陸上自衛隊
年収 約730万円
預金等 約200万円

【購入のきっかけ・目的】

老後対策として、定年までにもてるだけ持ちたい

成功事例

成約物件 6件
東京23区内 新築区分マンション

副業規定が厳しい公務員でも6戸もてるワケ!

国家公務員なので副業規定をひどく気にされていたお客様でした。

弊社の場合は国家公務員でも、6戸程不動産をお持ちいただける秘密があります。

今回のお客様もこの秘密のおかげで、6戸同時にご購入されました。
また、運用して長く経ちますが、勤務先からの指摘は一切ないそうです。

ではその秘密とは?


国家公務員は不動産収入が年間500万円までと決まっています。

都内の1Rの家賃は平均10万円、単純計算をすると120万円が年間の賃料収入です。

500万円÷120万円=4.1戸までしか運用できません。

しかし、弊社はグループの総合力を生かし


この問題をクリアすることに成功しています。

弊社は、賃貸管理手数料、管理費修繕積立金を毎月の相殺家賃から相殺して

オーナー様にお振込みをしています。

ですので、仮に管理費修繕積立金8500円、賃貸手数料1万円だとするとどうでしょう。

10万円-8500円-1万円=81500円 = 年間送金額は978000円となり
500万円÷978000円=5.11戸となります。

老後までに戸数を増やしていきたい

また、物件によっては設定賃料が低め価格の低めのお部屋がありますので

組み合わせることで6戸、国家公務員の方が所有することが可能です。

また、運用中も確定申告費用や設備交換費用などは全て相殺してお振込みをしておりますので

国家公務員の方は余裕をもった運用が可能です。

今回のお客様も老後の為にできるだけ多くの不動産を所有したいとのことでした。

弊社で多く取り組むことができて大変お喜び頂いております。

もし、公務員の方で自身どのくらいまで所有できるかお悩みの方がいらっしゃれば
是非一度お問い合わせくださいませ。

>> 成功事例一覧に戻る

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30