分譲実績一覧
  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

若いうちから始めたいがローンを組めるのかが問題だった

弊社が提携する金融機関から手厚い融資を受けて、少ない資金で迫りくる将来不安の対策の為、都心の区分マンションを2部屋所有された方のケースとなります。

コンサルタント
相田 健一郎

ご相談内容

20代のうちから将来に備えて、不動産投資を始めたいが、若い自分が住宅ローンを組めるのかが問題だと、お電話でお問い合わせをいただきました。

お客様情報

20代男性、独身

職業 会社員
年収 約500万円
預金等 約200万円

【購入のきっかけ・目的】

年金対策として

成功事例

成約物件 2件
新築区分マンション 2戸

和解自分が不動産投資の融資を受けるなんて無理だろう・・・

今回は29歳会社員の方からお電話にてお問い合わせを頂きました。


不動産投資については20代の自分が融資なんて組めないだろう。
組めたとしても多くの自己資金が必要だろうという印象をお持ちでした。


しかし、同年代の同僚の方が、不動産投資をスタートしたという話を聞いて
もしかしたら自分でも取り組むことができるのではないかと興味をお持ちになり、


ご自身ではどのくらいの融資が組めるのかをご相談いただきました。


このお客様の目的は「年金対策」でした。


不動産投資と並行して保険商品も検討されておりました。


その保険内容ですが、毎月15000円の掛け金を60歳まで払い込むプランでして、総額は約540万円。


将来受け取れる金額を見てみると戻り率は110%ほどでした。


保険商品と同等程度の金額を不動産投資に充てた場合と受け取れる金額を比較してお見せいたしました。


年間100万円の安定した賃料収入が6年続けば保険を上回り、長生きすればするほど戻り率は拡大する事をお伝え致しました。
更に、2500万~3000万円ほどの資産も所有している事になります。


また融資には団体信用生命保険が付保していること。


更にはインフレ時の保険商品の弱さ不動産の強さを比較していただき
年金対策をするなら不動産で行うとご納得していただきました。

高い入居率を保てていることは

投資というからには、まったくリスクがないわけではありません。


そのリスクを最小限に抑える為には、どの物件で投資を行うか?


つまり「立地」選びではないでしょうか。


しかしながら、不動産業者でないこのお客様が、しかも自分が住んでいるエリアとは違う、都心の立地を選定することは難しいのが現実です。


そこで、弊社の賃貸管理状況がこのお客様へは大変な安心感につながりました。


私達シノケンハーモニーの管理する物件の入居率は98.8%を誇っております。


立地が良くなければ、高い入居率を維持することは当然できません。


また今後においても街の開発が予定されているエリアをご紹介した事により
更にシノケンハーモニーをパートナーとして選ぶことにご納得していただきました。

条件のいい融資を検討してもらえる

さて、最終的には手厚い融資が受けられるかどうかです。


このお客様からは事前にお勤め先から発行される源泉徴収票や預金状況をメールにて頂戴いたしました

私共アドバイザー陣とましては、低い金利で自己資金も最大限に抑えられる金融機関を探す使命もございます。


多数の銀行に打診をした結果、2戸の不動産をご納得いくご条件でご紹介することが出来ました。


現在では弊社の管理の元、確実な年金対策を実行されております。


毎月入金されるお家賃の通帳記帳と、東京に出張で来られた際に物件現地もご覧いただき
シノケンさんのお蔭で安心した老後生活ができそうですとご満足頂きました。

>> 成功事例一覧に戻る

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30