そのサブリースで、どこまで保証してもらえますか?

  • 資料請求はこちら
  • セミナー無料申込

そのサブリースで、どこまで保証してもらえますか?

不動産投資をする上で、最も大きなリスクとなる「空室リスク」を回避する方法として、パートナー会社が提供するサブリース(空室保証)などの制度を利用する方法があります。手数料は差し引かれますが、毎月一定の家賃収入を得られるので、知識や経験がなくても安心して不動産投資を始められます。

パートナー会社によって異なるサブリースの保証内容。

空室の場合でも一定の賃料を保証してくれるサブリース(空室保証)などの制度を提供している会社は数多くありますが、その保証内容は会社によって様々です。よく確認しないで契約してしまうと、最初の数年間しか保証されなかったり、一定期間を過ぎると保証してくれる賃料が下方修正されたり、予想外のリスクを背負ってしまうことになります。「サブリースがありますよ」という言葉だけに安心せず、内容までしっかり確認しましょう。

入居者はいても家賃滞納はあるから、取り立てなどの業務もお任せ。

家賃収入が入ってこないのは、空室の場合だけではありません。空室ではなくても、ルーズな入居者の場合は家賃を滞納したり、最悪の場合は夜逃げをしたりするケースもあります。そんなときも、サブリースで空室保証を受けていれば安心です。また、入居者からの家賃滞納が発生すると、パートナー会社にとっても損失になるため、真剣に取り立て業務を行うことになります。そのため、悪質な長期家賃滞納などにはなりにくいのです。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30