2019.01.08

年金が足りないから働きたいのに邪魔をする「在職老齢年金」

  不動産投資のノウハウ

皆様こんにちは。
シノケンハーモニーの不動産投資ニュースコラムをご覧いただきまして、ありがとうございます。

人生100年時代が到来したといわれている現代において
興味深い記事が掲載されておりましたので、ご紹介いたします。


ある調査によると、定年がなく基礎年金が中心の自営業者は70歳代前半まで働く人が7割近い。

定年があり報酬比例年金の上積みなど、相対的に手厚い勤労者は2割程度にとどまる。

定年と年金が働く意欲を弱め「年金受給が引退の引き金に」と報告書は指摘する。

(以上、2018年12月28日 日経新聞より抜粋)




皆様、いかがでしょうか

この記事によりますと、年金でも老後の生活資金が足りないことが分かります。

今後は定年をした方々でも働く必要があるとの記事でした。

しかし、在職老齢年金という制度という制度をご存知でしょうか。

60歳を超えて、老齢厚生年金を受給しながら
厚生年金保険のある事業所で働いていると
なんと報酬(給与)に応じて年金が減額されてしまうのです。

収入が多い場合には「支給停止」つまり老齢厚生年金が出ない場合もあるようです。

毎月給与天引きにて何十年も積み立てをしていたにも関わらず
年金を受給できない可能性もあるのです。

お客様はどのような事態を想定されていますでしょうか。

ご家族、お子様、お孫様などご自身の事だけでなく
身近な方の事を想像される方もいらっしゃるかもしれません。

この状況を打破する1つの選択肢として
給与所得以外の安定した収入源を確保することが挙げられます。

貯蓄、保険等の投資商品がございますが
毎月安定した収入源として家賃収入という不労所得が注目を浴びております。

当社では無料で開催されている不動産セミナー
「失敗しない不動産投資セミナー ~人生100年時代へ~」を随時開催しております。

おかげさまで、40000人以上の方にご来場いただいており
多くのお客様から大変ご好評いただいておりますので
是非、将来に向けてご参加してみてはいかがでしょうか。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

このページについて

シノケンハーモニーが運営する投資関連情報ページです。

不動産投資にまつわる市況や税制などの情報、投資に関するリスクだけでなく、備えるための知識も同時に発信していきます。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30