2018.03.22

年金機構、ずさんな管理

  セミナー情報   注目エリア

皆さまこんにちは
本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧いただきまして
ありがとうございます。

本日は時事通信社に興味深い記事がございましたので
共有させて頂きます。



年金機構、違反把握後も契約見直さず=中国業者再委託―誤入力31万8000人か

日本年金機構が個人データ入力を委託した東京都内の情報処理会社が、契約に違反して中国の業者に再委託していた問題で、同機構は20日午後記者会見し、1月上旬に違反を把握しながら、2月13日まで委託契約を続けていたことを明らかにした。

機構の水島藤一郎理事長は謝罪し、「繁忙期で他に肩代わりできる業者が見つからなかった」と釈明した。

東京都豊島区の情報処理会社「SAY企画」は昨年8月、機構から年金受給者延べ1300万人分の個人情報の入力業務を一般競争入札で請け負った。
しかし、データ入力を怠り、約8万4000人が申告書通りに所得控除を受けられず、2月分の年金支給額が本来より数万円少なくなった。

機構によると、誤入力も31万8000人分になり、年金額に影響が出る見込みだ。
情報処理会社のこうした問題は、昨年末の内部通報を受け、今年1月に特別監査を実施して把握。
契約に違反して中国・大連の関連業者に年金受給者の扶養親族500万人分の氏名部分の入力を再委託したことが分かった。
中国業者を現地で監査した結果、入力ミスはなく、個人情報も外部流出していなかった。

加藤勝信厚生労働相は20日、水島理事長に再発防止策の実施を指示。機構は、実態を調べた上で情報処理会社に3年間の入札参加資格停止を課し、損害賠償の請求も検討する。
会見した水島理事長は、自身の進退について「きちんと対処するのが当面の責務だ」と述べ、辞任を否定した。


《以上、抜粋》


皆様、如何でしたでしょうか?

以前もこのような事がございましたが再び、ずさんな管理によりこのような事が起きてしまいました。

将来、本当に安心して年金を受け取る事が出来るのでしょうか?

また、自助努力で老後の十分な生活資金を蓄える事は可能でしょうか?

不動産投資では年金対策や生命保険効果等、多彩なメリットがございます。

如何に、安心してお取組み頂けるかがおわかりになるはずです。

ひとりひとりに最良なプランをアドバイザーがご提案させて頂きます。
やるやらないではなく一つの選択肢としてお気軽にお問合せ頂けましたら幸いでございます。

不動産投資セミナーや個別相談会は毎日開催しておりますのでお仕事終わりや休日に是非ご参加ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

このページについて

シノケンハーモニーが運営する投資関連情報ページです。

不動産投資にまつわる市況や税制などの情報、投資に関するリスクだけでなく、備えるための知識も同時に発信していきます。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30