2018.03.13

「健康寿命」も延びている

  セミナー情報   注目エリア

みなさま、こんにちは。
本日もシノケンハーモニーの不動産投資ブログをご覧いただきまして
ありがとうございます。



興味深い記事がございましたので、ご紹介致します。

健康寿命、男女延びる
男性72.14歳、女性は74.79歳 16年、厚労省推計


(2018年3月9日 日本経済新聞)

厚生労働省は9日、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。

前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。
平均寿命との差も男女とも縮小した。厚労省は食生活の改善などが寄与していると分析している。

厚労省の研究班が3年に1度の国民生活基礎調査(大規模調査)を使って推計した。

熊本地震の影響で調査できなかった熊本を除く46都道府県のデータを使用した。

健康寿命は男女ともに年々延びている。
男性は01年に69.40歳だったのが、07年に70.33歳と70歳を超え、16年は72.14歳まで延びた。
女性は01年に72.65歳だったのが、16年は74.79歳まで延びた。

平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。
この差を縮めることが社会保障費の抑制につながる。
16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。
13年と比べると男性0.18年、女性0.05年改善した。


(引用終わり)


いかがでしたでしょうか。

最近では「人生100年時代」と言われていますが、その背景には
記事にもあるように健康寿命が延びていることも要因の一つではないでしょうか。

年々、平均寿命も延びていますが私たちは何歳まで生きるのでしょうか。

長生きすることもリスクと言われていますが、皆様は老後の準備は進んでいますか?

何から始めれば良いか分からないとおっしゃる方も多いのではないでしょうか。

弊社では、これからの時代に適した対策として不動産投資をご紹介しております。

毎日相談会や不動産投資セミナーを無料で開催しており、お客様それぞれに合わせたライフプランをご紹介しております。

今後のご判断基準の一つとして、是非ご参加下さいませ。

このページについて

シノケンハーモニーが運営する投資関連情報ページです。

不動産投資にまつわる市況や税制などの情報、投資に関するリスクだけでなく、備えるための知識も同時に発信していきます。

このページの先頭へ
プレミアムテキスト&DVDプレゼント 資料請求はこちら
セミナー無料申込
お電話でのお問い合わせは 0120-153-764 受付時間 平日10:00~21:00 土日祝10:00~19:30